接し方

イベントで飾り付けられた部屋と子どもたち 食事会の様子 遊具で遊ぶ子どもたちと見守る指導員の様子 盲導犬とのふれあい

放課後等デイサービス-事業の概要

日常生活における基本動作及び、集団生活への適応が習得できるように支援します。

それぞれのお子さんごとに、個別支援計画を作成し、目標を持った支援を行います。

楽しさと厳しさの両面からお子さんに接し、興味、関心をつむぐことができるよう、様々なプログラムを取り入れています。

お子さんのよい面を可能なかぎり伸ばしていく一方で日常生活に必要なルールや生活習慣が十分に身につくよう、きめ細かくお子さんに接していきます。

・1人のスタッフが、1名~2名のお子さんを担当します。お子さん1人に対して基本となる担当者を決め、児童発達支援管理者とともに、責任を持った療育の体制としています。

社会体験、屋外体験

公園や、公民館の広場を活用した運動、遊びを取り入れます。

近隣のスーパーや、商店街での買い物体験を行うなど、さまざまな社会体験ができるようなプログラムを取り入れます。

地域との関わり

公民館での催しの実施、公共交通を活用した所外活動の実施などを通じて、お子さんの社会性を育むとともに、地域の方々に障がい児についての理解を深めてもらえるようにしていきます。

ICT機器の活用

プロジェクトゆうあいでは設立以来、ICT機器の活用によって障がい者の社会参画の場を広げる取り組みを行ってきています。

その経験や情報網を活かして、デイサービスを利用する児童に応じて適切なICT機器(パソコン、タブレット端末、専用機器等)の利用アドバイス、訓練を行います。

キッズスペースゆうあいの1日(利用イメージ)

【放課後】

【土曜・長期休暇時】

療育プログラムのメニュー

音楽、絵画、工作、お菓子づくり、買い物体験、屋外散策、読書、読み聞かせ、体操、ボールあそび、カードゲーム、ICT機器を用いた療育など

様々な団体・組織との連携

たのしい楽団とよしととひうたの紙芝居&ランチバイキングの写真です。

学齢期以降の生活に向けて・就労訓練プログラム

プロジェクトゆうあいでは、障がい者就労支援事業を実施しています。

平成26年度において30名の障がい者の就労を受け入れている実績を通じて、お子さんの学齢期以降の進路について、当法人内の事業所を含め市内の様々な就労支援事業所について、あるいは就労支援に関する制度、仕組みについて情報提供しています。

また、中学生以上のお子さんについては、将来の就労に向けて、古本クリーニングなどの訓練プログラムを取り入れています。

古本クリーニング作業の写真です。

事業所の連携、合同による取り組み

キッズスペースゆうあいは松江市内に3事業所をもち、それぞれの特徴を活かしながら、療育プログラムにおける連携や、合同イベント、所外活動を行っています。

多くの子どもさんとの交流の機会をつくり、より幅の広い活動体験を提供しています。

バス遠足、まつり、クリスマス会の写真です。

土曜日・長期休み時の所外活動

・第1キッズ、第3キッズでは土曜日に午前から運営しております。長期休み時は、3事業所とも午前からの運営です。

利用時間が1日となる土曜、長期休み時においては、午後の半日、車やバス、鉄道を使った所外活動を基本にしています。

見聞を広め、様々な社会体験を得る機会としています。

所外活動の写真です。

Copyright© 2016, 松江市 児童デイ 放課後等デイサービス キッズスペースゆうあい
第1キッズ:松江市北堀35-14 第2キッズ:松江市北堀町59-2 第3キッズ:松江市西川津町1408-7 
第1キッズ:0852-26-6345 第2キッズ:0852-24-9979 第3キッズ:0852-24-0911